たくさんの糸


   ENGLISH ふりがな
ホーム人の想い▶蜘蛛の糸

蜘蛛の糸

みなさんは、蜘蛛の糸にぶら下がってみたい!と感じたことはありませんか?

昔から人々は、蜘蛛の糸にぶら下がる、ということを考えてきたようです。

芥川龍之介の「蜘蛛の糸」にも、蜘蛛の糸にぶら下がる描写が出てきます。

そして、それが現実となった時、人々>はとても驚きました。

現実となるまでには、様々な苦労がありました。

実験が失敗したときは、蜘蛛の糸にぶら下がるなんて夢のまた夢なのではないか、と思いました。

しかし、蜘蛛の糸にぶら下がる、ということは夢ではなかったのです。

驚きの中に、喜びがあったのは言うまでもありません。


戻る          つなげる(まとめ)

人の想いに戻る

トップに戻る